コーヒーに詳しくなれる資格を取ってみよう

学生
女性

調理の教育機関と専門性

料理の専門学校は総合的なスキルを身に付けることが出来る場所や専門性の高い五能を習得する場所など、教育カリキュラムによる違いが見られます。その為、卒業後の進路に適した専門学校を探すことが必要になるのです。

カフェのオーナーに

バリスタ

基礎から学びましょう

「将来カフェをオープンさせたい。」とか「コーヒーショップで働きたい。」と思ったらコーヒーを基礎から学んでみませんか。コーヒーの味は、豆の種類やブレンドの仕方により味にも違いが現れます。苦みや酸味、深みなど飲んでみると全然違いますし、淹れ方によっても違うのでそれぞれ好みも大きく分かれるものです。カフェで働くためには特に資格は必要ありませんが、お客様に満足していただけるようなコーヒーを提供するためには基礎からしっかり抑えておく必要があるでしょう。コーヒーコーディネーターやマスターの資格を取得するためには、専門学校や通信講座等で学ぶ必要があります。より実践的に学ぼうと思ったら専門学校が、空いた時間で学ぶなら通信講座が資格取得のためにもおすすめです。

究極の一杯を求めて

コーヒーに関する資格もさまざまですが、学べば学ぶほど奥が深いことを実感することができるはずです。究極の一杯を求めて日々努力している方も多いのです。豆の種類や産地などにこだわり、中には直接農家へ買い付けに行く方もいらっしゃるほどです。またその選び抜かれた豆をどれだけおいしいコーヒーとしてお客様に提供できるかどうかがバリスタの役目になるのです。基本を知らなければうまみを引き出すことができません。資格取得ももちろんそうですが、基本から応用まで学ぶことによりおいしいコーヒーを淹れることができるようになるのです。もちろん仕事としてだけでなく、普段からおいしいコーヒーを飲みたいと思っている人にも資格のための講座はおすすめです。

婦人

調理分野の名門校

調理分野の名門校とも言われる辻調理師専門学校では、調理師免許を取得するだけでなく、世界に通じる知識と技術を学ぶことができます。また、学生や卒業生をサポートする体制も整っており、質の高いアルバイト紹介システムやITを活用した学習環境、卒業生も利用できる就職サポートも魅力的です。

パティシエ

洋菓子を極めるなら

将来、製菓を専門にした職業を目指している人は専門学校に通って、基礎から学ばなくてはいけません。学校を通わずに製菓店に就職して学ぶこともできますが、知識やスキルにばらつきが出てきます。専門学校であれば、夜間制もあるので働きながら勉強ができます。